คุฌพระช่วยなまいにち。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ヘザー
 
[スポンサー広告
インド到着と、最初の印象
バンコクからJet Airwaysでコルカタへ。飛行機に乗った時点で、周りが全てインド人男性なのにびっくり。誇張とかじゃなくて、白人のおじさんが2人くらいと私たちを除いては全てインド人男性でした(笑)アテンダントのお姉さん(めっちゃ美人なの!)に手を出して"Mind your hand, Sir!"と争ってるのを見てびっくりしたり。

飛行機の中では予習!!

Lonely Planet Northeast IndiaLonely Planet Northeast India
(2009/10)
Joe Bindloss

商品詳細を見る


観光地についての部分は家で読んでおいたので宗教・慣習・文化あたりを機内で集中して読む。
働きに出ているインド人女性は全体の22%、という部分を読んで、男だらけの機内に納得(笑)
このあと行く色んなところでも「女性がいない!」っていう驚きには多く遭遇することになります。

さて、旅行をする日本人のバイブルといえばこれじゃないでしょうか。
同行した友達も持っていました。

D28 地球の歩き方 インド 2009~2010D28 地球の歩き方 インド 2009~2010
(2009/08/01)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


インドは盗難だの詐欺だの多い多いと言われていますが、今回地球の歩き方を見せてもらって読んでて思ったんだけど、マイナス面・危険性を強調しすぎじゃないかっていうこと。確かに日本からインドに行く人には相当な覚悟があってもいいけど、これを読む人は危険回避でいっぱいいっぱいになっちゃって誰も信用できないんじゃないかと思ったのね。信用、までいかなくてもインド人との交流は確実に減るでしょう。わたしは結構、知らない人に質問とかして話すのが好きなので道端で話しかけてきたインド人にももっと話したかったかも。初海外がインドとかならまだしも、何カ国か旅したら勝手も分かってくるものだし、自己判断ができるような人ならガイドブックに踊らされることはないと思う。あとこれを持ち歩いてる時点で良くも悪くも「日本人です!」ということは分かってしまうね。

ちなみにLonely Planetはあまり危険性を強調しすぎず、欧米らしい自己責任の香りがするあたりわたしは大好きです。わたしはLonely Planetの回し者でも地球の歩き方が嫌いなわけでもないので悪しからず。

さてカルカッタについてまず列車の予約をしに駅に向かった訳ですが。
インド、駅に住んでる人&寝てるひとがめちゃくちゃ多かった。キップ売り場には男性しかいなかったので、視線がイタかった(笑)結局キップは買えずに(4カ所たらい回しにされた)翌日駅とは別の場所にある外国人用窓口で買いました。Eastern Railway Bureauっていう場所で外国人旅行者もちらほらいたよ。

駅に住んでる人といえば。カルカッタでは路上で生活している人も多かった。普通に道路脇で煮炊きしたり眠ったり・・・ちなみに、後日アメリカ人の友達にこの話しをしていたらこういう人たちのことは英語ではsquattersというんだとか。(squat=しゃがむ)インドでは人口の30-40%は1日1.25ドル(60Rs=120JPN)くらいで暮らしているみたいです。

ちなみにインド初日のゲストハウスには特大のゴキブリが4匹もでた上に、窓のない部屋にせんべい布団(ていうかベッドだけど)でした。疲れてたから妥協しちゃったけど、疲れてたから寝られたけど!




留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします!
Posted by ヘザー
comment:0   trackback:0
[インド
今後の予定
テスト期間が始まって、レポート書いて、と大学生らしく(?)過ごしていたらブログには全然手が回らないままになっていました!実はまだテストが残っているのですが(金曜日に、最後の山International Relationsのテスト。教授もいい加減なタイ人教授(笑)ではなくアメリカ人教授なので厳しい&難しい)このまま更新せずに今月が終わりそうなのでいまここで近況報告!!

タイでのデモはまだ続いています。ただ、私の在学している大学のキャンパスはデモの現場からは遠いということもあって授業は普通に続行。早稲田の担当者の方からも安否確認のメールを頂いたんだけど、ほんとうにデモなんてないような平和な学校生活を幸運にも送れています。
ただ、留学生の友達のなかには所属先の大学からの命令ですでに帰国してしまった人もいます・・・。日本の友達はまだしも、さよならも言えずにいなくなってしまったアメリカ人&カナダ人のみんな、無事に帰れたのかな。

強制帰国命令もなくのんびり過ごしていますが、ついに帰国の日は迫り・・・あとタイにいられるのも一ヶ月となりました。しかし、タイにいる予定はほとんどありません(笑)

というのも、16日から2週間、インドに行ってきます!!!!!
前から行きたかった国、インド。でも日本からじゃ遠くてなかなか時間もお金も足りないので、思い切ってタイから渡航することにしました。バンコクからコルカタへ飛んで、夜行列車でバラナシに行く予定。マザーテレサの設立した、マザーハウスでボランティアしたい!と思ったことがきっかけになりました。めちゃくちゃベタな理由だけどね!いちキリスト教徒としてマザーの功績を見ておきたい部分もあるのかも。
わたしにとって大きなテーマである、貧困って、宗教って、なんだろう?開発って?幸せって?っていう疑問がインドにはいっぱいある気がする。なにかキーもありそうだけど、更なる疑問を拾ってきそうだ(笑)

インド・・・

インド行くんだーっていうと、90%の人は「えぇ~インド!?大丈夫!?キツいよ、体調崩すよ、暑いし、騙されるよ!!」みたいなことばっかり言ってくるのですっかりおののいていますwしかし、もうチケットとっちゃったし、なにより今、国外に出やすい環境にいるのを生かさない手はないでしょ!!!!行きます!!!!


そして、インドから帰国したあとは、3日休んでフィリピンに飛んできます。強行スケジュールだけどこれには理由があって、ビザ延長のためにこの日程で国外にどうしても出なきゃいけないのです。ベトナム一人旅でもしようかなぁーと思っていた矢先、こっちで通っている教会の友達が同時期にフィリピンにいるということで、合流させてもらえることになりました。
フィリピンは5日だけ(移動も考えれば実質4日あるかないか)だけど、ずっと行きたかった国だし、実は留学先としてもずっと迷っていたくらい興味があるんだよね。行ける機会に恵まれて良かった。

ということで5月はほぼ更新がないと思ってもらっていいでしょう・・・
エイズホスピスのことも書かなきゃー!!しかし、旅の準備+学期末の試験などなど+お別れで人にあったりパーティー行ったりで、なかなか落ち着けません。でも急がないでタイ人みたいに「サバーイ」な精神でちょこちょこ書いていきたいです!





留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします!

久しぶりに開いたらランキング落ちててびっくり(笑)
Posted by ヘザー
comment:1   trackback:0
[その他
ただいま、バンコク
mee.jpg



以前記事にもしたロッブリーのエイズ寺に、タイのお正月ソンクラーンの休みを利用してもう一度行ってきました。お寺の皆さんと一緒に初めてのソンクラーンを過ごさせてもらって、かけがいのない経験がたくさんできました。

日本の友達からたくさん、メールやメッセージをもらって、いまタイにいることで心配をたくさんかけてしまっているなぁって思います。大使館に電話までしちゃったふみこさん、心配かけてごめんなさい><
実際、ロッブリーに出発する前日10日には、UDDがアパート前の道を封鎖して抗議し始めるのを、アメリカ人の友達とため息ついて眺めていました。
その日のうちに、軍とUDDの衝突で人が亡くなったり暴動めいたことが起こったりして、私の家のすぐ近くの橋の上には破壊された軍の車が何台も放置されて橋を塞いでいたし、フロントガラスの破片が歩道にもいっぱいに散らばってて、バスも全く通ってないし、大変でした。

ちなみに、首都バンコク県から離れると随分落ち着いた雰囲気で、ロッブリーではデモのことも忘れてじっくりボランティアに向き合うことができました。ロッブリーから帰宅してからは、デモの様子も落ち着いてほぼいつも通りの生活ができています^^

今回はお寺で5泊6日でボランティアをさせていただきました。また時間をかけてじっくりアップしていくのでお楽しみに!前回から一ヶ月経っての訪問だったけど、この一ヶ月考えていたこと、想像していたことが裏切られたり、思ったより手応えがあったり・・・夜寝る時も寝て覚めても、夢のなかでもいつも病棟のこと、患者さんのことが、頭が痛いくらい、ぎっしり頭に詰まってた感じ。バンコクに帰ってきて2日、やっと少し「抜けた」感じがあるんだけどね。

とりあえず、日本の皆さん、わたしは元気です。ご報告まで。





留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします!
Posted by ヘザー
comment:0   trackback:0
[タイ
2回目の訪問にあたって
先月のプラバートナムプー寺院の訪問から一ヶ月、ソンクラーンの休みを利用してもう一度訪問するにあたって考えたこと。わたしはどうしてここでボランティアをしたいのか?何をしたいのか?っていうこと。

私は、ホスピスで看護士をしている母の影響で、医療の現場は多く見てきた。二胡という楽器で音楽療法の活動をしていることも相まって、母の病院だけでなく老人福祉施設、障害児の施設、総合病院などいろんなところに楽器を持って行き、演奏活動をしていた。最初のころは、人間病気になるとこんなふうになってしまうんだ・・・というショックがなかった訳ではない。それは見た目だけの問題じゃなくて、まるで尊厳を失って自己決定も身の回りの世話も全て他人に任せなければならない状態に、わたしは何よりショックを受けた。それが本人の意思なのかそうじゃないのかも分からないままになってしまうのが、わたしにはすごく怖いことに見えたのね。

ここから思い出す話しがある。

私の母方の祖母は、5年前にガンで他界している。最後のほうは自宅介護で看取ったんだけど、このわたしのおばあちゃん、人から介護される状態になってもいつものおばあちゃんらしさをなかなか失わずにいてくれた。

大正生まれにしては背が高くて、しかも色白でおしゃれが大好きだったおばあちゃん。少し髪が伸びれば「お出かけできなくなる」と美容院に行きたがったり(もう実際ほとんど出かけられなかったけど)して、母が美容師さんと相談して、負担の少ない形で髪をカットしてもらいにいっていたし、私の演奏会があれば、一番のおしゃれをして車椅子で最前列に場所をとって見に来てくれた。もちろんこんな風だから、口が減らなくておばあちゃん自身も、家族ももどかしいところはたくさんあったけど、体が動かなくなっても、最期まで「生意気でおしゃれな」彼女らしくいられたことは、本人にも家族にもすごく大きな支えだったのね。看護はもちろんだけど心理面としては、おばあちゃんがその人らしく居続けられるように助けることが、私には一番大事に思えた。しかもその部分は双方にとって楽しくもあるしね。

もうひとつ。

福祉とか介護とかに興味があった私は、中学校の職業体験で老人福祉施設に働きに行かせてもらった。その前日に母に、お年寄りのお世話をさせて頂く時に気をつけていることってある?って聞いてみた。すると母はこんなモットー?があるらしく教えてくれた。
「施設や病院のひとはよく、そのひとのことを『おじいちゃん、おばあちゃん』って呼んだりして赤ちゃん言葉で扱うよね。でもその人には名前があるの。名前が分からない時以外、きちんとお名前を呼ばせてもらいなさい。頭のしっかりしている方には、特にきちんとした言葉で臨むこと。その人は『おばあちゃん』ではなくて、一人の人格と人生の歴史があって、いつまでもその人の人生の主役でいるべきなのだから。」


これ、子ども心に、お母さんかっこいいなぁーって思ったからよく覚えているんだけどあれから自分が随分大人になって改めて咀嚼してみたとき、わたしが奉仕をしたい理由はここに見つかる気がしたのです。

つまり、わたしはその人が病気になろうとも、尊厳を持ち続けていられるような環境に安心感を覚えるということ。自分はたまたま五体満足で、他人を助けられるツールを与えられているのだからそれを使って、そのひとがその人らしくいられるお手伝いをしたい。少しでも快適にいられるようにすることで、そのひとが健常なときと同じような精神状態に少しでも近づけたら・・・っていうのが私の願いです。





留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします!
Posted by ヘザー
comment:0   trackback:0
[エイズホスピス
ソムタム
最近政治とかボランティアとかまじめ?な記事が多いので、息抜きにおいしいタイ料理の紹介!!

タイ料理といえばトムヤムクンくらいしか知らないままにタイに来ました。
しかも、当初はトムヤムクンもグリーンカレーも、全然好きじゃなかったんです(笑)でもやっぱり、本場のはおいしいですね!いまやグリーンカレーはすっかりお気に入りのひとつです。アパートや学校の食堂なんかにも置いてあるので、思っていたより手軽に手に入るのも理由かも!

日本にいるとき知らなかったけど、こっちにきてすっかりはまってしまったタイ料理、それは・・・
ソムタムというタイのサラダ。

somtam.jpg

千切りにした青いパパイヤ、トマト、いんげん、干しえび、ナンプラー、レモン汁、唐辛子をいれてすり鉢のような入れ物でとんとんと叩くようにしながら混ぜて作ります。煎ったピーナッツの入ったソムタムタイ、沢ガニの塩漬けが入ったソムタムプー、小魚のぬか漬けが入ったソムタムプラーなどのバリエーションがあります。わたしはソムタムタイが一番すき

観光客向けのガイドを読んでいたら、ソムタムはあたりやすいので要注意!だそうです。
特にカニの塩漬けが危ないんだとか・・ 未だにあたったことないけど、ソムタムの屋台はいつも注意深く観察して買ってます。

s_2.jpg

レストランはもちろん屋台でお持ち帰りも出来ます。こんな風に袋に入れてくれます^^
生野菜が必ずついてくるんだけど、ソムタムは辛いのでキャベツとか生のインゲンをかじりながら食べてます(笑)
お店で何も言わないと、タイ人基準の激辛ソムタムが出て来てしまうので、いつも辛くしないで!とお願いしています。それでも、タイ人の「辛くないよ~♪」は日本人には結構キツい場合も多いです(笑)
辛すぎるものを食べると、味覚より感覚で実感する・・・唐辛子で唇が痛くなったり、耳が痛くなったり(これは何故なのか気になる)・・しかしおいしいのでやめられません。最近は、全く辛くない料理もおいしくないな、って思ったりも。タイ人がよく「辛くないとおいしくない!」と言っている感覚ですね。


ソムタムはもともと、タイの北部イサーンの郷土料理です。バンコクにイサーンから出て来た労働者が故郷の味を懐かしんで屋台をはじめたらしいんだけど、当初は「あんな田舎の食べ物なんて・・」とバンコクっ子にはバカにされていたらしいです。時間が経つうちに認められて、いまはタイのどこに行ってもまず間違いなく食べられるくらいメジャーな料理に成長したということ。

これに、カオニャオ(もち米)とガイヤーン(焼き鳥)をセットで食べるのが定番です!わたしもこの組み合わせ大好き☆ソムタムを売る屋台にはカオニャオと、焼き鳥かフライドチキンも必ず一緒に売っています。

ソムタムは1皿で25バーツ(75円)くらい。日本に帰ったら高いんだろうなぁ(泣)帰国したら食べたくなるタイ料理ナンバーワンな気がします。

それにしても・・・ ソムタムの写真を探して写真のフォルダを眺めていたら私結構いろんなところでご飯の写真を撮っていたことに気がつきました。ちょっとづつアップしていこうかなぁと思って、新しい「ごはん」というカテゴリーを作成してみました^^





留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします!
Posted by ヘザー
comment:1   trackback:0
[ごはん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。