คุฌพระช่วยなまいにち。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ヘザー
 
[スポンサー広告
試験期間
タイは試験期間中です!!
タイ人の学生はセメスターの始まりが違うから、今が期末試験の時期になるらしいんだけど、留学生は欧米圏の学校に合わせて9月始まりだから、今は中間試験です。

今のところ受けたテスト

タイの外交史についてのテスト。これはエッセイテストなので、3時間で2問のエッセイを書くっていうもの。第二次世界大戦後のタイの東南アジアにおける外交的役割について書くものと、10月にタイで開催されるASEANサミットを前に、議長国であるタイはASEAN諸国の問題を踏まえてどのような姿勢で臨むべきか、っていうものでした。
このプログラムに来ているのはアメリカ人の学生が断然多いんですが、当然の事ながら書ける枚数も書き慣れ具合も全然違うみたいで、英語ネイティブうらやましいなぁーと不覚にも思ってしまったり.. わたしはハーフとして生まれて二ヶ国語を喋りながら育ってきたけど、やっぱりネイティブと比べられたら劣るわけで、その違いをひしひしと感じてます..

もう一つはタイ語。
タイ語は今まで覚えた表現を元にダイアログを完成させたり、英語のセンテンスをタイ語に訳したり、タイ語を英語に訳したりという感じでした。あとは、先生の読むタイ語の簡単な文を聞いて質問に答えるディクテーション。
でもここでもタイらしい問題が..
先生が、答えを言ってしまうのです。試験中に誰かのテストを見て空欄があれば、全員に聞こえるように答えを言ってみたり、単語の意味を説明しはじめたり.. 終いには答えをホワイトボードに書き始めたりもしますw 
でもここは一応タイのトップ大学の一つであって、ここでこんな調子なら他の大学はどうなんだろう..と怖くなるのでした。
あとは、まだタイ語のアルファベットを習いきっていないので、テストに答える時はphonetic symbols(音声記号?みたいな)ので答えなければなりません。たとえば เรียนภาษาไท (タイ語を勉強する) だったら、[rian paasaa thay ]と答えるとか。でも、このphonesticsを覚えたところでテストと授業は乗り切れるけど、実際タイ文字が読めなかったら何の意味も無い訳で.. ということで自主的にphoneticとタイ文字両方で答えてみたけどどう評価されるかな..笑

さて、いまは仏教のペーパーを書いています!
息抜きにブログ更新してますが..
これもまたタイクオリティーで、Times New Romanの14ポイントで、行間は2行で6-10ページ(参考文献、footnote含む)という指定.. 先生、読む気あるのかな。14ポイントなんて普段使わない大きさの上に、行間2行なんて何も書けません。ちょっとでも真面目にリサーチしようものなら収まらないんじゃ><

インターネットの調子が悪いので文字に色が付けられない..
写真もアップ出来ませんw
見にくくてすみません!!試験終ったら写真とか載せたいです!!
スポンサーサイト
Posted by ヘザー
comment:0   trackback:0
[タイ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://thailand803.blog83.fc2.com/tb.php/9-e04c6821
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。