FC2ブログ
คุฌพระช่วยなまいにち。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ヘザー
 
[スポンサー広告
インド到着と、最初の印象
バンコクからJet Airwaysでコルカタへ。飛行機に乗った時点で、周りが全てインド人男性なのにびっくり。誇張とかじゃなくて、白人のおじさんが2人くらいと私たちを除いては全てインド人男性でした(笑)アテンダントのお姉さん(めっちゃ美人なの!)に手を出して"Mind your hand, Sir!"と争ってるのを見てびっくりしたり。

飛行機の中では予習!!

Lonely Planet Northeast IndiaLonely Planet Northeast India
(2009/10)
Joe Bindloss

商品詳細を見る


観光地についての部分は家で読んでおいたので宗教・慣習・文化あたりを機内で集中して読む。
働きに出ているインド人女性は全体の22%、という部分を読んで、男だらけの機内に納得(笑)
このあと行く色んなところでも「女性がいない!」っていう驚きには多く遭遇することになります。

さて、旅行をする日本人のバイブルといえばこれじゃないでしょうか。
同行した友達も持っていました。

D28 地球の歩き方 インド 2009~2010D28 地球の歩き方 インド 2009~2010
(2009/08/01)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


インドは盗難だの詐欺だの多い多いと言われていますが、今回地球の歩き方を見せてもらって読んでて思ったんだけど、マイナス面・危険性を強調しすぎじゃないかっていうこと。確かに日本からインドに行く人には相当な覚悟があってもいいけど、これを読む人は危険回避でいっぱいいっぱいになっちゃって誰も信用できないんじゃないかと思ったのね。信用、までいかなくてもインド人との交流は確実に減るでしょう。わたしは結構、知らない人に質問とかして話すのが好きなので道端で話しかけてきたインド人にももっと話したかったかも。初海外がインドとかならまだしも、何カ国か旅したら勝手も分かってくるものだし、自己判断ができるような人ならガイドブックに踊らされることはないと思う。あとこれを持ち歩いてる時点で良くも悪くも「日本人です!」ということは分かってしまうね。

ちなみにLonely Planetはあまり危険性を強調しすぎず、欧米らしい自己責任の香りがするあたりわたしは大好きです。わたしはLonely Planetの回し者でも地球の歩き方が嫌いなわけでもないので悪しからず。

さてカルカッタについてまず列車の予約をしに駅に向かった訳ですが。
インド、駅に住んでる人&寝てるひとがめちゃくちゃ多かった。キップ売り場には男性しかいなかったので、視線がイタかった(笑)結局キップは買えずに(4カ所たらい回しにされた)翌日駅とは別の場所にある外国人用窓口で買いました。Eastern Railway Bureauっていう場所で外国人旅行者もちらほらいたよ。

駅に住んでる人といえば。カルカッタでは路上で生活している人も多かった。普通に道路脇で煮炊きしたり眠ったり・・・ちなみに、後日アメリカ人の友達にこの話しをしていたらこういう人たちのことは英語ではsquattersというんだとか。(squat=しゃがむ)インドでは人口の30-40%は1日1.25ドル(60Rs=120JPN)くらいで暮らしているみたいです。

ちなみにインド初日のゲストハウスには特大のゴキブリが4匹もでた上に、窓のない部屋にせんべい布団(ていうかベッドだけど)でした。疲れてたから妥協しちゃったけど、疲れてたから寝られたけど!




留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします!
スポンサーサイト
Posted by ヘザー
comment:0   trackback:0
[インド
comment
comment posting














 

trackback URL
http://thailand803.blog83.fc2.com/tb.php/51-f1851c77
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。