FC2ブログ
คุฌพระช่วยなまいにち。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ヘザー
 
[スポンサー広告
ワット・プラバートナムプー <1> 最初のいちにち
バンコクでデモが起こっていて、授業もしばらくお休みなのでロッブリー(バンコクから2時間くらい)にある、プラバートナムプー寺院に行ってきました。友達が誘ってくれて、デモに忙しいバンコクを2人で脱出!!ここは通称「エイズ寺」と呼ばれています。HIVの感染者の方達がこの寺院内で共同生活を送っています。寺院内に家やバンガローのような家に住んで生活している患者さん、病棟でケアを受ける患者さん、また症状の軽い人は、スタッフとして重症の患者さんのお手伝いをしながら暮らしています。

施設内はとてもフレンドリーな雰囲気で、すれ違う人みんな笑顔で挨拶をしてくれます^^
名前は?どこから来たの?大学でどんな勉強しているの?などなど、みんな興味を持って聞いて下さいました。

lopburi.jpg
ちなみにお寺の周りはこんな感じ。気持ちいいー!!バンコクから少し離れるとタイはすぐ田舎になります・・・笑


施設内を軽く案内してもらってから、病棟へ。初めて病棟に入ったときはやっぱり少しどきどきした!
患者さんから注がれる好奇と、ちょっとした不信感みたいな目。「わたしここにいていいのかな」って思ってしまった。ここで、日本人で月に10日間くらいボランティアをしていらっしゃるマミさんという女性に出会いました。
マミさんの案内と助けで、私たちの体験は本当にかけがいのないものになったし、これからもこのお寺に関わっていきたいって決意するきっかけになりました。


午後からはいよいよ病棟でボランティア。マスクに2重の手袋を着用。感染予防と理解しているからこそ、緊張感も高まってしまいました。
私たちボランティアの主な仕事は、患者さんのマッサージ。自分で動くことの出来ない患者さんは、血行も悪くなってしまいがちだし、疲れもとれにくいそうです。メンソール系のクリームのチューブを持って、患者さんの間をまわります。あとはごはんの配膳、おむつ換えとか。大人のおむつ換えなんて初めてで、緊張感はあったけど、介助に慣れている患者さんは、お尻をひょいっと持ち上げて器用に協力してくれたりも。自分でおむつ外しておいてくれたりね。これにはちょっとびっくりした。笑

一番最初にマッサージさせて頂いた患者さんは、おしゃべり好きなおじさん。マッサージ中ずっと、会話が止まらない!!このお寺には1年前に来たんだよー、とか息子さんの話しも聞かせて下さいました。わたしも初めてのマッサージだったので、「ここ痛い?」「強さはどれくらい?」とかいろいろ質問させてもらって、その後の患者さんに生かせたかなー^^

タイではみんな「チューレン」っていうニックネームで呼び合います。タイ人の本名は難しくて長いものが多いし、子どもの本名を呼ぶと子どもが霊に連れ去られる、などの民間信仰もあってチューレンを使うんだとか。わたしのヘザーという名前はタイ人にはちょっと難しい。英語のRの発音ってタイ語とは違うもんね。だから、タイ人はみんなわたしのことを「hee-saa」っていう感じで呼ぶのです。(これはこれで可愛くて好き。笑)

この仲良くなったおじさんが、わたしにタイ語のチューレンを付けてくれました!
それは・・・ ไพฑูรย์(ファイトゥーン)。
猫の目、瑠璃っていう意味なんだって。余談ですがわたしは猫が大好き!おじさんに猫の話しはしてないけど、偶然?なのか必然なのか?すてきな名前で嬉しい(^ω^)

マッサージ中はとにかく暑い!!!!!病棟にクーラーはありません。患者さんのベッドサイドに扇風機があったりするけど、全身をマッサージしているうちに汗だくになります・・・暑苦しいボランティアでごめんなさい!と重いながら働いていました。笑
しかもマスクに手袋着用だから更に暑くて・・薄いゴムの手袋のなかは汗でべたべただし、マスクの中はもちろん、唯一出ているおでこからも汗がぽたぽた。そんな私にマッサージが終るとジュースだのコーヒーだのお菓子をくれるみなさん。

マッサージしながらたくさんの人と話した。しかもマッサージってその人の体を実際に自分の手で触るものだから、一人ひとり違う病気の状態、肌の状態、筋肉の状態をひしひしと感じました。みんな違う人生を送って来て、それでもエイズという病気でみんなここに来ている。「病人」というくくりではみんな一緒だけど一人の人としていろんな思いがあって、いろんな経験をしてきてるんだよね。ここはターミナルケアの場所であるから特に、病人であっても「人対人」の関係を崩したくないなって思った。

わたしは、小難しい本を読んで頭を悩ませるのも、自分の手に取れない大きなものについて他人と議論するのも好き。だから大学に入って最初の1年は、政治とか国際関係とか、理論が核をなすものが大好きだった。目に見えないものを目に見える型にはめられるような気がしたから。宗教の勉強もたくさんした。政治と同じように目に見えないものの代表でもあると思ってたから。いまも、そういう勉強は嫌いじゃないけどね。でも、タイにきてから、説明できない人間の感情と尊厳についてももっともっと考えるようになって、その一つの究極の形をここで見た気がする。難しい理論も必要かもしれない、でもそれで心ない人間にはなりたくないし、援助の現場も、実際の問題も知らないで国際支援に関わろうなんて、全くの門外漢じゃないかって思う。汚い仕事(汚職とかじゃなくて実際に手の汚れる仕事のことね。)もしなきゃいけないし、汗だくになってでも、わたしはこの人たちに寄り添いたいって思った。

この日は4人の全身マッサージ。数は多くないように見えるけど、1日目ですっかり筋肉痛!!
この日はここまでで終了。





留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします
スポンサーサイト
Posted by ヘザー
comment:0   trackback:0
[エイズホスピス
comment
comment posting














 

trackback URL
http://thailand803.blog83.fc2.com/tb.php/35-1da04a83
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。