คุฌพระช่วยなまいにち。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ヘザー
 
[スポンサー広告
ミャンマー
タイに来てから国内・国内といろんなところをバックパッカーしてきましたが、
未だに行っていない/行く予定がないのはミャンマー。興味がないとか、行きたくないとかじゃないんですけどね。むしろ行きたい。

じゃあ、どうして行かないのか。

もちろん、国情が安定していないこともあるけど、それを言ったらタイだって全く安定してません。今月末もデモがあるとかなんだとか。赤シャツの集会の真ん中でバスを降ろされて、半泣きでサナームルアン(ワットプラケオ周辺にある公園。よくデモとかの舞台になる。)を通ったことは忘れられない。(ちなみにこれ、運転手がもう運転したくない!って思ったからなんだけどタイではよくあります。終点までいってないのに、全員ここで降りて!とかね。
ちなみにわたしは大学の制服を着てたおかげ?なのかなんなのか、英語が喋れる赤シャツのおじさんが大学まで送って行ってくれました。)

話しがずれたけど、ミャンマーのことね。

1996年にミャンマー政府は"Visit Myanmar Year 1996"という観光業活性化のためのキャンペーンを行いました。でも、このキャンペーンのせいで何千人ものミャンマー人がインフラの建て直しのために強制労働させられたりしたことから、アウン・サン・スーチーさんなんかも、これには反対していました。人権団体からの反対も大きかったみたいですね。さらに、ミャンマーでは、交通手段とかホテルとかも政府が経営しているものがあるらしくて、観光客がこれを利用することによって利益の一部が軍事政権に回ってしまう訳です。しかも強制労働の結果建てられたインフラなんて、行きたくないでしょ?
ちなみに数値で言うと、観光から得られる利益の約10%は軍事政権に回っています。

ミャンマーへの観光客で多いのは、タイ人中国人に続いて、日本人なんだとか。まぁ日本から旅行する人はコアなバックパッカーでもない限りパッケージツアーで旅行するのがほとんどだと思います。こういう場合は高級なホテルとかに宿泊したりするわけだから、当然地元の人への利益なんて微々たるものになるのです。

もしミャンマーに旅行したかったら、個人経営のゲストハウスに泊まったり、ローカルな場所でご飯を食べたり、いろんな場所でサービスを利用したりして利益を分配することが大事みたいですね。ちょっと大げさだけど、観光客が来る=国際社会の目とも考えられるわけだし、個人で働くミャンマーの人たちのコミュニケーションの窓、ビジネスの機会となる観光客は、必ずしも悪いとは言えません。
もちろん、タイの様に観光業の発展が進んでいないミャンマーでは、ゲストハウスの質もそこまで良くないし、観光客の受け入れ体勢も甘いみたいです。

わたしは、この辺の見分けにまだ自信がないので、ミャンマーには当面行かないことにしています。

冬休みに、北タイをバックパッカーしたときに、ゴールデントライアングルの近くから、ミャンマー国境のメーサイという街に行ってきました。不思議な雰囲気の場所で、道にずらっと並ぶ屋台にはタイ人とミャンマー人が混在してました。国境ぎりぎりまで行ったけど、活気にあふれてて圧倒された。

burma.jpg

これはミャンマー国境の物乞いの子どもたち。タイはすぐそこ!という場所なのでタイ語が通じます。
年齢を聞いたら6歳でした。日本人の6歳の子どもに比べたら随分小さい気が... ミャンマー人だからなのか、栄養状態の問題なのかまでは分かりませんが。観光客に向かって手を差し出して、必死でお金を請う姿、タイでは見たことなかったのでびっくりしちゃいました。学校に行ってるかの問いには、行っているって答えていたけど、家族の話しとか、どこに住んでいるかとかは絶対に答えようとしませんでした。




留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします
スポンサーサイト
Posted by ヘザー
comment:2   trackback:0
[その他
comment
No title
へザーやっほ!弥生だよ(^ω^)
このブログすっごく好き!!子供の無邪気な表情をした写真がいっぱいあってすっごく素敵!描きたくなる!むしろ今度描く!笑

ミャンマーに関して私は現代史、宗教背景しか知らないんだけど、ミャンマーから来た留学生の話を聞いてみた所、世界一美しい日の出があるそうな。観光客はそれ目当てらしいです。宿泊施設、ミャンマー情報に関しては彼女にも意見求めてみるね(^ω^)きっと色々と教えてくれます♪
リンクはよろこんで。今日か明日中にはメッセにもお返事書きます。のろまでごめん><
2010/02/25 09:19 | | edit posted by 弥生
No title
やよい

ふふふ。こども可愛いでしょー!今までバックパックしながら撮ってきた写真なんだよ☆子どもの写真とるの大好きなの!!大きいサイズで欲しかったら言ってね。送りますよ。

ミャンマー、「神秘的」だのって言われて旅行するひと多いみたいだけど、意外にこの軍事政権と観光の癒着についてはあんまり知られてない気がするんだよね;タイの山岳民族もそうだけど、物珍しさに負けてアフターエフェクトを考えられないひとは軽々しく旅行しちゃいけない時代になってきてると思う。ミャンマー人留学生!こっちにはいないのでうらやましいです。話しきいてみたーい!

リンクしとくね。メッセもまってるよー。やよいと語りたい!!

ヘザー
2010/02/25 10:47 | | edit posted by ヘザー
comment posting














 

trackback URL
http://thailand803.blog83.fc2.com/tb.php/31-dea68c8a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。