คุฌพระช่วยなまいにち。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ヘザー
 
[スポンサー広告
ソムタム
最近政治とかボランティアとかまじめ?な記事が多いので、息抜きにおいしいタイ料理の紹介!!

タイ料理といえばトムヤムクンくらいしか知らないままにタイに来ました。
しかも、当初はトムヤムクンもグリーンカレーも、全然好きじゃなかったんです(笑)でもやっぱり、本場のはおいしいですね!いまやグリーンカレーはすっかりお気に入りのひとつです。アパートや学校の食堂なんかにも置いてあるので、思っていたより手軽に手に入るのも理由かも!

日本にいるとき知らなかったけど、こっちにきてすっかりはまってしまったタイ料理、それは・・・
ソムタムというタイのサラダ。

somtam.jpg

千切りにした青いパパイヤ、トマト、いんげん、干しえび、ナンプラー、レモン汁、唐辛子をいれてすり鉢のような入れ物でとんとんと叩くようにしながら混ぜて作ります。煎ったピーナッツの入ったソムタムタイ、沢ガニの塩漬けが入ったソムタムプー、小魚のぬか漬けが入ったソムタムプラーなどのバリエーションがあります。わたしはソムタムタイが一番すき

観光客向けのガイドを読んでいたら、ソムタムはあたりやすいので要注意!だそうです。
特にカニの塩漬けが危ないんだとか・・ 未だにあたったことないけど、ソムタムの屋台はいつも注意深く観察して買ってます。

s_2.jpg

レストランはもちろん屋台でお持ち帰りも出来ます。こんな風に袋に入れてくれます^^
生野菜が必ずついてくるんだけど、ソムタムは辛いのでキャベツとか生のインゲンをかじりながら食べてます(笑)
お店で何も言わないと、タイ人基準の激辛ソムタムが出て来てしまうので、いつも辛くしないで!とお願いしています。それでも、タイ人の「辛くないよ~♪」は日本人には結構キツい場合も多いです(笑)
辛すぎるものを食べると、味覚より感覚で実感する・・・唐辛子で唇が痛くなったり、耳が痛くなったり(これは何故なのか気になる)・・しかしおいしいのでやめられません。最近は、全く辛くない料理もおいしくないな、って思ったりも。タイ人がよく「辛くないとおいしくない!」と言っている感覚ですね。


ソムタムはもともと、タイの北部イサーンの郷土料理です。バンコクにイサーンから出て来た労働者が故郷の味を懐かしんで屋台をはじめたらしいんだけど、当初は「あんな田舎の食べ物なんて・・」とバンコクっ子にはバカにされていたらしいです。時間が経つうちに認められて、いまはタイのどこに行ってもまず間違いなく食べられるくらいメジャーな料理に成長したということ。

これに、カオニャオ(もち米)とガイヤーン(焼き鳥)をセットで食べるのが定番です!わたしもこの組み合わせ大好き☆ソムタムを売る屋台にはカオニャオと、焼き鳥かフライドチキンも必ず一緒に売っています。

ソムタムは1皿で25バーツ(75円)くらい。日本に帰ったら高いんだろうなぁ(泣)帰国したら食べたくなるタイ料理ナンバーワンな気がします。

それにしても・・・ ソムタムの写真を探して写真のフォルダを眺めていたら私結構いろんなところでご飯の写真を撮っていたことに気がつきました。ちょっとづつアップしていこうかなぁと思って、新しい「ごはん」というカテゴリーを作成してみました^^





留学生ブログランキング参加中♪クリックお願いします!
スポンサーサイト
Posted by ヘザー
comment:1   trackback:0
[ごはん
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。