คุฌพระช่วยなまいにち。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ヘザー
 
[スポンサー広告
カンチャナブリ
一ヶ月の冬休みが始まるということで、まず旅行の手始めにずっと行きたかったカンチャナブリへ!!バンコクから電車で2時間くらいで行けるので「いつでもいいか」って思ってたのですが.. 12月の最初にクウェー川にかかるあの有名な橋がライトアップされるお祭りがあると聞いて、テストが終って留学生の友達を誘ってすぐカンチャナブリへ そんなに大きな街じゃないので、1泊2日あれば結構見て回れました。

トンブリー駅からの電車の中では、遊びに行くというタイ人のおばあちゃん&孫と友達になりました私たちのほうが年上なのに子どもにお菓子もらっちゃったり、おばあちゃんにタイ語教えてもらったり... 2人が途中で下車したあとは、カンチャナブリに行商に行くというおばちゃんが同席。拙いタイ語でお話をして、別れ際におばちゃんは、売り物のベビーパウダーを私と友達に一つずつ持たせてくれました。ハーブが入ってて良い匂い♪

さて、ここでどうしてカンチャナブリが有名なのかおさらい。
ここは、映画「戦場にかける橋」の舞台になったクウェー川鉄道(日本語では泰麺鉄道っていうみたいですね。麺はミャンマーのこと。)がある場所です。(http://ja.wikipedia.org/wiki/戦場にかける橋)
つまりここは、第二次世界大戦のとき、東南アジアに勢力を広げようとした日本軍が泰麺鉄道(タイとミャンマーをつなぐ鉄道)の建設のために連合国軍の捕虜を強制労働させた場所なのです。

ほかにもエラワンの滝とか、タイガーテンプルとか有名なものはありますが、私は今回はとにかく歴史的なものをみたいという目的でいきました。まずは街を歩き回ってソムタムとカオニャオでご飯を済ませた後、ゲストハウスに荷物を置いて観光。まず、強制労働させられた方達の共同墓地の方面に向かって歩くことに。その近くに、カトリックの教会があったので中に入ってきました。イエス様の十字架の像の横に王様の写真が飾ってある祭壇チックなものがあったりして、タイだなぁ..と実感。笑 わたしはクリスチャンなのでこの後も色んな旅先で教会にお邪魔してきましたが、王様の写真があったのはここだけだった気が...

共同墓地では、一緒に旅してる友達とも別れてそれぞれ無言で見て回りました。お墓には名前だけじゃなくて、年齢とか家族からのメッセージなんかも書かれていたりして... それにしてもものすごい数だったので見回りながら呆然としてしまいました。白人の遺族の方がお墓参りにいらっしゃってたのも印象的でした。

そのあとは、すぐ近くにあるThailand-Burma Railway Centreという博物館へ。バンコク市内の博物館とかお寺とかは、タイの大学の学生証を出すとタダになるんですが、この博物館では学生割引はないそうです。まぁすごく充実した博物館だったし、全く不満はありませんが(*´Д`*)

泰麺鉄道を作るために強制労働させられた方の様子が分かる立体の模型や、当時の方が使っていらっしゃった私物など、あとはパネル展示。私も友達もパネルを全部読むタイプなのと(笑)、ひとつひとつじっくり見て回っていたらあっという間に2時間以上経過.. 小さい博物館だったんだけどね。そのあとはチケットに着いてきた無料のチケットでインスタントコーヒーを飲みながら、しみじみ。

日本にいるとき、この泰麺鉄道の存在を知らなかった私。日本が帝国主義を拡大しているときに、東南アジアの侵略を行っていたことはもちろん知識としては知っていた訳だけど、上記の映画をみたこともなかった私は、このカンチャナブリについてはあまり知らなかったのです(無知ですみません)。だけど、実際これを知ってる日本人ってどれくらいいるのかな。こんなに平和で小さいタイの県に、日本軍の爪痕があるなんてね。

夜には、たまたま同じ大学の留学生2人もカンチャナブリに来ているということで、合流してご飯を食べながらお祭りを見ました。花火とか音楽を使いながら、ライトアップされた橋を舞台に戦争の歴史を振り返るもので、タイ語のナレーションはほとんど分からなかったものの迫力はすごくて、どきどきしながら見てました。

kanchanaburi.jpg
綺麗に撮れなかったけど、これがそのときの写真。機関車が実際に走ってきたり、ライトと花火は迫力を通り越してちょっと怖かった(笑)子どもがいっぱい泣いてました.. 私が赤ちゃんだったらトラウマになりそう。

このお祭りは12月の1週目あたりに行われているらしいです。これは行く価値あり。ほんとにすごいです。

そのあとは旅のお供まいちゃんとビール飲みながらしみじみ...
ゲストハウスに帰ってからは疲れていたのでシャワーは朝にまわして、ふたりともすぐ寝てしまいました。

beer.jpg
みんな帰った後のお祭り会場で、河と橋を眺めながらお喋り。蚊の多さに耐えきれず残りはかえる道すがら飲むことに。
スポンサーサイト
Posted by ヘザー
comment:1   trackback:0
[タイ国内
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。